引っ越しが決まったらやるべきことリスト

これから引っ越しをする人にとってまずはじめにやらなければならないのは「やることは何か」をきちんとチェックしておくことで、これができていないと段取りが悪くなってしまい、無駄な時間がかかるだけでなく引っ越し後もあたふたすることになってしまいます。

そんなことにならないためにもここでは引っ越しの時期に合わせてやることを紹介していきますので参考にしてください。

引っ越し業者を決めよう

まずはじめにやらなければならないのが「引っ越し業者の選択」で、これはいつ引っ越しをするかによって時期が変わります。

と言うのも3月、4月といった新シーズン前は繁忙期に入るため、どこの業者も非常に忙しくなかなか予約が取れない可能性が高いので、急に依頼しても断られてしまうからです。

したがって時期を見て急いだほうがいいのか、ある程度ゆとりを持って決めてもいいのかを判断しなければなりません。

不要な物の処分

そして並行してやるのが賃貸を借りている場合は大家さんに報告するなど、伝えるべきところに引っ越しをすることを連絡しておくことで、加えて不要なものの処分もこの時期にはじめましょう。

たとえば大きな家電や家具は引っ越しを機に買い替えることが多いため、リサイクルショップに引き取ってもらってお金に変えたり、インターネットオークションやフリーマーケットを利用する手もあります。

そこで売れ残ったものはゴミになりますから、大きなものは粗大ごみの手配をしておきましょう。

荷造り

そして大きなものの処分が終わったら次は荷造りで、ここでも必要なものと不要なものを分ける作業になります。

衣服などは古着屋でもまとめて買い取ってくれるところがありますし、一般ごみで扱ってくれますからきちんと整理しておいてください。

各種契約の手続き

それも終わったら各種手続きに入りますが、実はもっとも時間がかかると言われているのがインターネット関連で、新居でその日からインターネットをすぐ使えるようにするためにもできれば一か月前くらいの段階で工事の申し込みをしておきましょう。

もちろん電気やガス、水道などの手続きもしなければなりませんし、子供がいる家庭では転校の手続きも必要になります。

ここまでざっと書きましたが、これ以外にもやるべきことはまだまだたくさんあると思いますので、インターネットなどを積極的に駆使してスムーズな引っ越しができるように努めてください。

最近では引っ越し時のやることリストが記載されているサイトもありますからそういったサイトも覗いてみましょう。