引っ越し挨拶に持参する品物や値段の相場は?

引っ越しが無事終わると一息つきたくなるものですが、まだまだやらなければならないことは続きます。

特に新しい土地へ来た場合、ご近所とのコミュニケーションはとても重要になりますので必ず挨拶へ行きましょう。

そしてそのときに悩むのがどんな品物を持参すればいいのか?という点です。これは引っ越しを経験した人なら誰もが一度は悩んだことがある問題だと思いますが、難しく考える必要はありません。

ただマナーなのできちんとできるように覚えておくことは大切ですから、引っ越し後にスムーズなコミュニケーションが取れるよう努力してください。

引っ越し挨拶は「向こう3軒両隣」

それではまずどこまでが挨拶の対象になるのかと言うと、よく「向こう3軒両隣」という言葉があるように一軒家の場合は自分の家の両隣と向かい側の3軒の家が対象になり、アパート・マンションの場合は両隣が一般的です。

あまり範囲を広くし過ぎてもこちらが疲れてしまいますから、これくらいの範囲内にとどめておきましょう。

500円~1,000円程度の品物で十分

次に持参する品物ですが、まず予算はそれほど高く設定する必要はなく一般家庭の場合だいたい500円から1,000円程度の品物で十分だと言われています。

500円から1,000円でも選んでみると意外とバリエーション豊かでいろいろな選択肢がありますから、喜ばれそうなものを見つけてください。

ただどんな人が住んでいるのか、また何人で生活しているのか分からないケースも多いと思いますので、生活に使う可能性が高いもののほうが無難でしょう。

たとえばタオル、ふきん、洗濯石鹸、ボディーソープ、キッチン消耗品などは誰がもらっても喜ばれるものですし、入浴剤セットや、ラップとキッチンタオルの組み合わせもいいかもしれません。

また子供がいる家庭であることが分かっているならお菓子も喜ばれると思います。

アパートやマンションの場合は大家さんにも挨拶

そしてアパートやマンションの場合は大家さんにも挨拶へいったほうがいいので、この場合は少し予算高めで2,000円くらいの品物にしましょう。

日本茶・コーヒーや紅茶セット・菓子折りなどが一般的ですから、こういったものを用意してください。

そして意外に喜ばれないものがタオルで、これはいくつあってもいいのでは?と思うかもしれませんが、タオルはいろいろなところで貰ったりするので溜まる一方になるケースがとても多いそうです。

したがってもらっても使わない、邪魔になってしまう可能性が高いため、むしろ避けたほうがいい品物と言っていいでしょう。