引っ越しが決まったら必ずやる各種手続き

荷造りなどがある程度ひと段落していよいよ引っ越しまで数週間となったら、次はいろいろな手続きをしていかなければなりません。

実はこの手続きで漏れがあることが意外と多いのでひとつずつきちんとチェックして進めていきましょう。

そこでここでは引っ越し時にやるべき手続きを時期ごとに紹介していきますので、ひとつずつこなしてください。

引っ越し2週間前にする手続き

まず引っ越し2週間前にする手続きは市町村役場で行うもので、はじめに転出・転居届をやっておきましょう。

転出届・転居届いずれも自分の住んでいる市町村役場へ行けば発行してもらえますので、そのときに「転出証明書」を必ずもらってください。

転出証明書は引っ越し後の手続きに必要になるケースがありますから大切に保管してください。

また同じ市内で引っ越しをするときには転出届ではなく転居届になりますから、こちらも併せて覚えておきましょう。

国民年金・国民健康保険の手続き

次に国民年金・国民健康保険の手続きで、国民年金は住所変更手続きが必要になりますし国民健康保険は「資格喪失届」を出して、次に移る市町村で新たに発行してもらいましょう。

ただしこちらも同じ市内であれば住所変更のみでOKです。そして印鑑登録をしている場合は印鑑登録の廃止も一緒にやっておき、次に移った市町村で新たに手続きをしてください。

このほかにも福祉・医療・手当関係の手続きや犬の登録変更の手続きもしなければなりませんので、該当する場合は一緒にやってしまいましょう。

電気・ガス・水道などの手続き

市町村役場関連の手続きのほかにも郵便物の転送届け、電気・ガス・水道の手続き、NHK・衛星放送・ケーブルテレビの契約変更、各種配達サービスの手続きなどがあげられますからひとつずつ進めていってください。

最後に引っ越し前日までにやっておくべきことに住所変更手続きが必要なものを確認があげられ、これはクレジットカードや銀行などの金融機関、保険関連が該当します。

ただこれらの手続きはインターネット上からできるものも多いのでそれほど急いでやる必要もないでしょう。

ホームページから変更手続きができるものはどれかあらかじめチェックしておくと分かりやすいので、まずは自分たちがする手続きをリストアップしていき、優先順位をつけてその順番に沿ってやってください。

手続き関連は漏れがあると何度も同じ場所へ行かなければならなかったり、引っ越し後も面倒なことになるケースがありますから漏れのないように確実に進めてスムーズな引っ越しにしましょう。